ここから本文です

【ブラジル】ビール醸造所が急増 新トレンドは酸味

サンパウロ新聞 6月1日(水)3時40分配信

 農牧供給省に登録されているビール醸造所の数が2016年4月8日から5月17日の間に320から397に増加した。18日付伯メディアによると、この急激な増加について同省は、クラフトビールを中心に、新たなトレンドに対して市場が開放されたことが影響したとの見方を示している。

 同省に登録されているビール醸造所の製品は現在、80種の異なるビールのタイプに分類される5254種類がある。

 ビール作りの要であるブリューマスターであると同時に農業検査官でもあるカルロス・ミューラー氏は、クラフトビールの中には小麦による製品からエールタイプのものまで、多種多様な製品が見受けられるとし、「市場における新しいトレンドというものも存在する。それは酸味のあるビールだ。それらはより酸っぱく、そのことによって消費者の関心を呼んでいる」としている。

サンパウロ新聞

最終更新:6月1日(水)3時40分

サンパウロ新聞