ここから本文です

プティンセバがスアレス ナバロを破り、女子8強が出揃う [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 6月1日(水)20時58分配信

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の女子シングルス4回戦で、ユリア・プティンセバ(カザフスタン)が第12シードのカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)を7-5 7-5で倒してベスト8進出を決めた。

セレナがスビトリーナをストレートで退け準々決勝進出 [全仏オープン]

 スアレス ナバロとプティンセバは2013年1月に全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の2回戦で初対戦しており、スアレス ナバロが1-6 7-6(5) 6-2で勝っていた。

 21歳のプティンセバは全仏オープンには2年連続3度目の出場で、過去2回はいずれも2回戦敗退。昨年はエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)に6-1 5-7 7-9で敗れていた。グランドスラムでは1月の全豪での3回戦進出が、これまでの最高成績だった。

 プティンセバは準々決勝で、ディフェンディング・チャンピオンで第1シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)と対戦する。セレナは4回戦で、第18シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)を6-1 6-1で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 01: Yulia Putintseva of Kazakhstan celebrates victory during the Ladies Singles fourth round match against Carla Suarez Navarro of Spain on day eleven of the 2016 French Open at Roland Garros on June 1, 2016 in Paris, France. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:6月3日(金)0時43分

THE TENNIS DAILY