ここから本文です

【MLB】イチロー2963安打&31位タイ浮上、現地でも速報 金字塔へカウントダウン

Full-Count 6月1日(水)12時35分配信

球団公式ツイッター&地元記者も速報

 マーリンズのイチロー外野手が5月31日(日本時間6月1日)の本拠地パイレーツ戦で今季7度目のマルチヒットを放った。「1番・ライト」で2試合ぶりにスタメン出場し、第2打席と第4打席にヒットを記録。マーリンズや地元番記者は球団公式ツイッターで、イチローが通算2963安打でメジャー歴代31位に並んだことをレポートした。試合はマーリンズが3-1で勝利している。

イチロー、世界一の安打製造機へ MLB歴代通算安打数ランキング

 背番号51は2試合ぶりにスタメン出場を果たした。初回は凡退に終わったが、3回先頭の第2打席では相手の先発右腕コール相手にセンター前へ痛烈な打球を放った。0-0の5回1死走者なしでは捕ゴロに倒れたが、7回1死走者なしではライト前に弾き返した。

 するとMLB公式サイトのジョー・フリサロ記者はツイッターで「2安打目でイチローは3000本安打まで残り37本」と金字塔へのカウントダウンを開始。球団公式サイトも「今夜の2安打でイチローはキャリア通算2963安打となり、歴代31位のサム・クロフォードに並んだ」とツイッターで偉業を称えた。

 MLB公式サイト等のランキングではすでに1899年からレッズなどで活躍したサム・クロフォードを抜いて単独31位となっていたが、球団発表ではスポーツデータを扱う米シンクタンク「エリアス・スポーツ・ビュロー」社のデータとしてクロフォードは2963安打とされており、この日の2安打目で31位タイと認められた。

 地元紙パーム・ビーチ・ポスト紙のジョー・カポッツィ記者はツイッターで31位タイに並んだことを速報するとともに、「次はサム・ライス(2985安打)」とイチローを待つ歴代30位の打者を紹介。イチローはこの日、4打数2安打1得点の活躍で打率は.322と上昇している。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月1日(水)12時35分

Full-Count