ここから本文です

ジョコビッチがグランドスラム28大会連続ベスト8 [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 6月1日(水)21時17分配信

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の男子シングルス4回戦で、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第14シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)を3-6 6-4 6-1 7-5で破り、歴代2位となるグランドスラム28大会連続ベスト8進出を決めた。試合時間は3時間12分。

29歳の誕生日を迎えたジョコビッチ、いまだ手にしていない全仏タイトルを追う

 この試合は前日に行われていたが、ジョコビッチから3-6 6-4 4-1の時点で降雨順延となっていた。

 ジョコビッチはバウティスタ アグートに2013年の初対戦から5連勝。今シーズンは3週間前にマドリッド(ATP1000/クレーコート)の3回戦で対戦し、ジョコビッチが6-2 6-1で勝っていた。

 ジョコビッチは全仏オープンには2005年から12年連続出場。グランドスラム通算11勝を挙げているジョコビッチだが、全仏では過去3度(2012年、14年、15年)の準優勝が最高成績となっている。昨年は決勝でスタン・ワウリンカ(スイス)に6-4 4-6 3-6 4-6で敗れ、生涯グランドスラム達成を阻まれている。

 ジョコビッチは準々決勝で、第7シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)と第11シードのダビド・フェレール(スペイン)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 01: Novak Djokovic of Serbia celebrates victory during the Men's Singles fourth round match against Roberto Bautista Agut of Spain on day eleven of the 2016 French Open at Roland Garros on June 1, 2016 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:6月1日(水)21時17分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]