ここから本文です

ボルシアMG、クラブ史上最高額でCBキープへ

theWORLD(ザ・ワールド) 6月1日(水)17時2分配信

ブンデスリーガ屈指のCB

ボルシア・メンヘングラッドバッハが2000万ユーロで選手の慰留に動いているようだ。

そのターゲットはDFアンドレアス・クリステンセンだ。チェルシーからレンタル中の20歳の選手で、ボルシアMGでは主力選手として活躍している。レンタル期間は来季終了までとなっているが、クラブは完全移籍を目指し2000万ユーロを準備していると独『Bild』が報じた。

また、クリステンセンもボルシアMGで満足しているということを以前に語っており、この完全移籍を受け入れる可能性もある。一方のチェルシーもキャプテンを務めるテリーと契約延長したため、ある程度の価格がつけば売却しても不思議ではないだろう。

ボルシアMGが過去に支払った移籍金の最高額は2012年、当時トゥウェンテに所属していたFWルーク・デ・ヨングに対する1500万ユーロであり、クリステンセンの完全移籍が実現すれば、クラブ最高額での移籍となる。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月1日(水)17時2分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]