ここから本文です

【MLB】右手に打球直撃の前田健太、3日の登板回避も 球団公式サイトが報じる

Full-Count 6月1日(水)13時21分配信

前回登板で打球直撃も5回2安打無失点、指揮官は「腫れと痛みが残っているだけ」

 2日(日本時間3日)に敵地でのカブス戦で先発予定のドジャース前田健太投手が、右手が腫れているため次回登板を回避する可能性がある、と球団公式サイトが伝えている。

野茂、石井、斎藤、黒田…ドジャースでデビューした日本人投手の初戦と1年目成績一覧

 前田は前回登板した5月28日(同29日)メッツ戦で、1回2死からコンフォルトのライナー性打球が右手に直撃。その後も続投し、5回2安打無失点で4勝目を挙げていた。

 ロバーツ監督は「腫れと痛みが残っているだけ。X線検査の結果は異常なしだった。今は違和感を軽減させようと努力をしているところ」と前田の現状について説明したという。

 ドジャースは、31日(同1日)に先発ローテに入っていたウッドが左ひじの違和感で故障者リスト入りし、トッププロスペクト左腕ウリアスが再昇格した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月1日(水)13時21分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]