ここから本文です

ティームがグラノイェルスを倒してグランドスラム初の8強 [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 6月1日(水)21時49分配信

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の男子シングルス4回戦で、第13シードのドミニク・ティーム(オーストリア)がマルセル・グラノイェルス(スペイン)を6-2 6-7(2) 6-1 6-4で下してグランドスラムでは初のベスト8進出を決めた。

ティームが今季3つ目のタイトル [コート・ダジュール・ニース・オープン]

 この試合は前日に行われていたが、第2セットが終了した時点で降雨順延となっていた。

 ティームとグラノイェルスの対戦はすべてクレーコートで、今回の結果も含めてティームが4戦全勝。前回の対戦は2014年7月のキッツビューエル(ATP250)の準々決勝で、ティームが6-4 7-5で勝っていた。

 ティームは全仏オープンには3年連続出場で、過去2回はいずれも2回戦で敗退。昨年はパブロ・クエバス(ウルグアイ)に6-7(7) 5-7 7-6(5) 5-7で敗れていた。グランドスラム大会では2014年の全米オープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)での4回戦進出が、これまでの最高成績だった。

 ティームは準々決勝で、第12シードのダビド・ゴファン(ベルギー)とエルネスツ・グルビス(ラトビア)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 01: Dominic Thiem of Austria hits a forehand during the Men's Singles fourth round match against Marcel Granollers of France on day eleven of the 2016 French Open at Roland Garros on June 1, 2016 in Paris, France. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:6月1日(水)21時58分

THE TENNIS DAILY