ここから本文です

帰国していたカールスルーエMF山田大記がわざわざ台湾まで足を延ばした理由は、1杯の……

theWORLD(ザ・ワールド) 6月1日(水)18時30分配信

8時間かけて作るコーヒー

ドイツ2部のカールスルーエSCで10番を背負う山田大記は、今季リーグ戦31試合に出場し、チームの中心選手として活躍した。そんな彼が台湾に行ってまでやりたかったことが話題となっている。

山田は5月15日に行われた最終節ビーレフェルト戦でフル出場を果たし、今季のリーグ戦を締めくくった。その後、日本に帰国した彼は鹿児島を訪れるなど国内でオフを満喫していが、31日に自身のTwitterで台湾に来ていることをファンへ報告した。しかも目的は1杯のコーヒーであった。このコーヒーは普通のコーヒーではなく、8時間かけてドリップされたコーヒーで地元でも話題のコーヒーのようだ。

コーヒーの感想はいまだ投稿されていないが、わざわざ台湾まで行った甲斐はあったのだろうか。1杯のコーヒーを飲むために海外に行くとは、さすがプロサッカー選手といったところだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月1日(水)18時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]