ここから本文です

今季サプライズを起こしたあのチームが本田とバッカの“ミラン・デュオ”狙う? 来季は仲良しコンビがプレミアリーグに殴り込みか

theWORLD(ザ・ワールド) 6月1日(水)21時13分配信

ミランのデュオ狙う?

イングランドのウェストハムが今夏のマーケットを大いに盛り上げることになるかもしれない。以前より続く彼らの積極的な攻勢の余波は、とうとうミランのチーム得点王にまで波及している。

今季のプレミアリーグを勝ち点62の7位で終え、素晴らしいシーズンを過ごしたウェストハムは、フランス代表にも選ばれた攻撃的MFディミトリ・パイェを筆頭に多くの魅力的なプレイヤーを抱え、効果的なフットボールを展開。すでにクラブは来季に向け、着々と準備を進めており、トップクラスの点取り屋を模索中だと英『sky SPORTS』が報じている。アレクサンドル・ラカゼット(リヨン)やカラム・ウィルソン(ボーンマス)らの獲得は実現しなかったウェストハムだが、同メディアによるとイタリアのミランで今季18得点を挙げたカルロス・バッカを獲得すべく、1500万ポンド(約24億円に相当)のオファーを提示したようだ。同選手は昨夏にスペインのセビージャから2130万ポンドの移籍金でミランへ加入しており、イタリアの名門はこのコロンビア人ストライカーに1900万ポンドという値段を付けているという。

ウェストハムといえば、かねてよりバッカと同じくミランでプレイする日本代表MF本田圭佑獲得に強い関心を示していると噂されてきた。仮にバッカと本田の“両獲り”が実現すれば、2人の息の合ったプレイがプレミアリーグを席巻することになるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月1日(水)21時13分

theWORLD(ザ・ワールド)