ここから本文です

UEL王者セビージャが清武獲得へ本腰を入れる 中堅チームが出し渋っていた8億円を準備

theWORLD(ザ・ワールド) 6月1日(水)21時30分配信

まさかのステップアップ

日本代表MF清武弘嗣が来季スペインの地を踏むことになるかもしれない。

移籍が濃厚と考えられていながらも、なかなか交渉が進んでいない清武。それは650万ユーロという契約解除金が清武を求める中堅チームには高すぎたのだ。しかし、今回清武を狙うセビージャは中堅チームなどではない。目下UEFAヨーロッパリーグ3連覇中であり、来季もチャンピオンズリーグに出場する。

独『Bild』によれば、セビージャは650万ユーロ(約8億円)を払うことに合意しているようで、移籍実現は近いようだ。とはいえ、清武は現在キリンカップ前でヨーロッパにいないため、正式発表は少し先になるかもしれない。

元々、テクニックがあり、キック精度で勝負する清武はスペイン向きともいえる。名将ウナイ・エメリ監督のもとで明確なポジションを与えられれば、日本人にとって鬼門であるスペインでも結果を残すことは可能なはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月1日(水)21時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]