ここから本文です

巨人、13残塁も“スミ1”で3連勝 内海が今季初勝利、救援陣も無失点リレー

Full-Count 6月1日(水)21時25分配信

打線が拙攻も…初回に内野ゴロで挙げた1点を投手陣が守り切る

 巨人は1日、敵地でオリックスを1-0で下し、3連勝となった。攻撃陣が13残塁と拙攻を続けながら、投手陣が奮闘して“スミ1”勝利。先発・内海が6回3安打無失点で今季初勝利を挙げ、田原、山口、マシソン、澤村とつないでオリックス打線を無失点に抑えた。

 初回、巨人は先頭・脇谷が遊撃内野安打で出塁すると、オリックス安達の悪送球も重なって二塁へ進む。続く重信が犠打を決めて1死三塁とし、坂本の一ゴロの間に脇谷が生還して1点を先制。しかし、長野、阿部の連打で2死一、二塁としながら、クルーズは遊ゴロで2点目は取れなかった。

 その後はランナーを出しながらも追加点が奪えない。2回は2死二、三塁で重信が一ゴロ。3回は2死一塁でクルーズが中飛に倒れると、4回は2死一、三塁で重信が二ゴロに終わった。

 さらに、5回は1死一、二塁でクルーズが遊ゴロ併殺打に終わりチェンジ。6回も2死一、三塁で重信が中飛に打ち取られ、7回は2死満塁で亀井が空振り三振と2点目が遠い。

 それでも、先発内海は好投。3回に2死から小島に初ヒットとなる二塁打を打たれたが、安達を空振り三振に仕留めて無失点。4回も2死からT-岡田にセンター前ヒットを許したが、小谷野を二ゴロに打ちとった。5回は先頭ブランコに右前打を浴び、その後、村田の失策もあり1死一、三塁とされる。だが、ここも小島を空振り三振、安達を二飛に仕留め、リードを守った。

 6回を3者凡退に抑えた内海は、ここで降板。7回は田原、山口の2人で無失点に抑えた。

 巨人は8回、この試合初めての3者凡退。9回も3者凡退に終わったが、8回はマシソン、9回は澤村と無失点でつなぎ、1点のリードを死守。3連勝で貯金1とした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月1日(水)21時47分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報