ここから本文です

ロッテのドラ2関谷は2勝目ならず 5回2失点も「攻めの投球できなかった」

Full-Count 6月1日(水)23時6分配信

明大先輩の広島野村と投げ合いも勝敗つかず、ロッテは敗れ「四球多くリズムも悪くなった」

 ロッテは1日、本拠地での広島戦に2-4で敗れた。

 5月21日のオリックス戦でプロ初登板初勝利を挙げたドラフト2位ルーキー関谷が先発したが、初回2死から丸を歩かせ、新井に右中間を破られて先制を許した。その裏に打線がすぐさま同点に追いつくも、関谷は2回も2死から9番石原にヒットを打たれると、先頭田中を歩かせてピンチを広げ、菊池にタイムリーを打たれて失点した。

ロッテ、過去10年のドラフト指名選手一覧

 明大の先輩・野村との投げ合いだった関谷は「序盤、守りに入ってしまい、攻めのピッチングが出来なかった。大胆にいけずに四球も多くリズムも悪くなった」。4回からスライダーを効果的に使い、内角を突く向かっていくピッチングで試合を作って5回2失点。味方打線が4回に1点を挙げると、同点のまま中継ぎ陣に託したが、7回に登板した3番手大谷が先頭の田中を歩かせて決勝点につなげてしまった。

 伊東監督は「調子の悪いバッターにチャンスが回ってくる」と攻撃について嘆きながら、「これで(広島戦は)タイ。明日は勝って何とか勝ち越したい」と決意を語った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月1日(水)23時12分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)