ここから本文です

小吹隆文撰・おでかけアート、6/1~

Lmaga.jp 6月1日(水)18時0分配信

「とにかく誰よりも現場を見て歩く」を信条に、美術ライター・小吹隆文が膨大なアートの海から、いま必見の展覧会をピックアップ! 今週は、昭和の花嫁支度、近代大阪の日本画、英国ファッションデザイナー、ポール・スミスの展覧会を紹介します。

花嫁道具に見る、船場商人の心意気『船場花嫁物語』

かつて大阪・船場では、どのような婚礼が行われてきたのか。そんなユニークなテーマを掲げた展覧会が開催中です。大阪は江戸時代以降、経済の中心地として発展しました。そして力をつけた商人たちは、武家の婚姻儀礼に倣った華やかな婚礼を行うようになります。嫁いだ娘が一生不自由しないように、着物や装身具、生活用具をあつらえて、荷物目録と共に送り出したのです。花嫁を迎える婚家では、専用の蔵を作って花嫁道具を収めました。このような風習は昭和戦前期まで続いたといいます。本展では、昭和14年に船場の商家・廣野家が調えた花嫁支度の着物、宝飾品、家具調度などを公開します。大阪の文化と船場商人の底力を知る絶好の機会です。

2016年5月28日(土)~6月26日(日) 
大阪くらしの今昔館
大阪市北区天神橋6-4-20 住まい情報センタービル8F

知られざる大阪の名画家を再評価『生誕140年記念 上島鳳山と大阪の画家たち ー大阪の美人画は濃い!』

明治・大正の大阪で活躍しながら、現在は知る人ぞ知る存在の画家・上島鳳山(1875~1920)。彼を中心に、近代大阪の画家たちを紹介しているのが本展です。上島は、住友家の園遊会で揮毫(毛筆で言葉や絵を描くこと)を行うなど、当時の大阪で人気を博しましたが、後援者の求めに応じて制作することが多く、展覧会活動に熱心ではありませんでした。そのため作品が公になりにくく、経歴をたどるのも難しいため、美術史の中で埋没していったのです。上島の生誕140年を記念した本展では、代表作「十二月美人図」全12幅や未公開作品を展示するほか、彼の祖系にあたる絵師や同時代の画家たちを紹介します。約50点の作品を通して、知られざる近代日本美術史の一面をお楽しみください。

2016年5月28日(土)~7月24日(日)
泉屋博古館
京都市左京区鹿ケ谷下宮ノ前町24

1/2ページ

最終更新:6月1日(水)18時43分

Lmaga.jp