ここから本文です

鈴鹿8耐:昨年優勝のヤマハが体制発表。ワークス2チームで連覇目指す

オートスポーツweb 6月1日(水)19時16分配信

 ヤマハは1日、7月28日から31日にかけて鈴鹿サーキットで開催される“コカ・コーラゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレースの参戦体制を発表した。

 昨年、1996年以来19年ぶりに鈴鹿8耐で優勝したヤマハ。今年は「ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チーム」と「YART・ヤマハ・オフィシャル・EWC・チーム」のワークス2チーム体制で2連覇を目指す。

 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームは、全日本ロードレース選手権でファクトリーチームの指揮を執る吉川和多留監督のもと、JSB1000で4連覇中の中須賀克行とMotoGPライダーのポル・エスパルガロが昨年に引き続きYZF-R1を駆り、3人目のライダーとしてスーパーバイク世界選手権(SBK)でヤマハのライダーを務めるアレックス・ロウズが新たに加わる。

 もうひとつのチーム、YART・ヤマハ・オフィシャル・EWC・チームはマンディ・カインツ監督がチームの指揮を執る。参戦するライダーは、チームのレギュラーライダー、ブロック・パークスにJSB1000の若手ライダーふたり、野左根航汰と藤田拓哉が加わる。

 今年で創立60周年を迎えたヤマハ。新型YZF-R1の圧倒的な速さで1987-88年以来の2連覇を達成できるのか。活躍に注目したい。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月1日(水)19時16分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]