ここから本文です

フレデリック 1stシングル発売記念で一緒に歌って踊れるイベント100組200名招待!

Billboard Japan 6月1日(水)18時5分配信

 『めざましテレビ』でも注目バンドとして紹介された神戸出身3ピースバンド・フレデリックが、6月15日に発売するメジャー1stシングル『オンリーワンダー』のリリースを記念して【Meet & Greet & Dance!!】と題した購入者イベントを行うと発表した。

 今イベントでは、1stシングル『オンリーワンダー』CD購入者を対象に東京・大阪それぞれ100組200名を招待する。ミュージックビデオに出てくる踊りや振り付けが国内のみならず海外でも話題となるなど、中毒性のある映像で注目を集めてきた彼らと一緒に踊ることが出来るチャンスだ。

 また、イベントでは「オンリーワンダー」のMVで使用された応援団3点セット(メガホン・帽子・腕章)を着用して、フレデリックのメンバーと一緒に「オンリーワンダー」MV(ONLY EDITION)を撮影する予定ということなので、この貴重なイベントにぜひ参加してみよう。



◎フレデリック『オンリーワンダー』リリース記念イベント【Meet & Greet & Dance!!】
2016年6月27日(月)東京都内某所
集合時間:18:30
2016年7月10日(日)大阪市内某所
集合時間:14:00
<イベント参加方法>
対象店舗にて6月15日(水)発売のシングル『オンリーワンダー』初回盤(AZZS-47、1,700円+税)、もしくは通常盤(AZCS-2052、1,200円+税)のいずれかをお買い上げのお客様に、先着でCD1枚につき、イベント抽選応募ハガキを1枚お渡しします。詳細については、ご当選者の方へ連絡致します。詳しくはフレデリックオフィシャルHP/オフィシャルツイッターに掲載中。

◎シングル『オンリーワンダー』
2016/6/15 RELEASE
[初回限定盤] AZZS-47 1,700円+税
[通常盤] AZCS-2052 1,200円+税
<CD収録曲>
01.オンリーワンダー
02.プロレスごっこのフラフープ
03.みつめるみつあみ
04.オワラセナイト(【スペースシャワー列伝2016】at 赤坂BLITZ 2016.3.6より)
05.愛の迷惑(【スペースシャワー列伝2016】at 赤坂BLITZ 2016.3.6より)
<初回限定盤DVD収録内容>
【Live in スペースシャワー列伝ツアー2016 at 赤坂BLITZ 2016.3.6】より
01. 愛の迷惑 
02. プロレスごっこのフラフープ 
03. うわさのケムリの女の子 
04. オドループ 

<CDショップ先着予約購入特典>
タワーレコード:三原康司描き下ろし「NO1ステッカー」
一般CDショップ:三原康司描き下ろし「ON1ステッカー」
※特典は無くなり次第終了となります。詳しくは各CDショップにお問い合わせください

◎【フレデリズムツアー2016~オンリーワンダーランド】
6月18日(土)愛知・名古屋ダイヤモンドホール
6月19日(日)大阪・なんばhatch
7月02日(土)東京・Zepp DiverCity TOKYO
チケット:好評発売中!

◎出演イベント
5月28日(土)埼玉【VIVA LA ROCK 2016】
5月28日(土)東京【Shimokitazawa SOUND CRUISING】
6月02日(木)札幌【SCOOBIE DO TOUR「Funk-a-lismo! Vol.10」】
6月04日(土)旭川【SCOOBIE DO TOUR「Funk-a-lismo! Vol.10」】
6月05日(日)帯広【SCOOBIE DO TOUR「Funk-a-lismo! Vol.10」】
6月25日(土)長野【OTOSATA Rock Festival 2016】
7月17日(日)大阪【FM802 MEET THE WORLD BEAT 2016】
7月29日(金)神奈川【OTODAMA SEA STUDIO】
8月20日(土)千葉【SUMMER SONIC 2016】
8月21日(日)香川【MONSTER baSH 2016】
9月08日(木)新潟【sumika「アンサーパレード」Joint Live Tour -Parade-」】
9月09日(金)仙台【umika「アンサーパレード」Joint Live Tour -Parade-」】
9月21日(水)茨城【My Hair is Bad presents「ホームランツアー」】

最終更新:6月1日(水)18時5分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。