ここから本文です

『ハリー・ポッター』舞台版、中年ハリーのビジュアル解禁

クランクイン! 6月1日(水)11時25分配信

 J・K・ローリングの人気小説『ハリー・ポッター』シリーズのその後のストーリーを描く舞台『Harry Potter And The Cursed Child(原題)』。英ロンドンでのプレビュー公演を前に、中年男性になったハリー・ポッターのビジュアルがシリーズの公式サイト「Pottermore」と舞台の公式ツイッターで公開された。

【関連】映画『ハリー・ポッター』名場面フォトギャラリー


 公開されたのはハリーと彼の妻ジニー、2人の息子アルバスのビジュアル。トレードマークの額の傷と丸いメガネは健在。スーツを身に着けたハリーは家庭を持つ男性だ。アルバスはハリーに代わり、ホグワーツの制服ガウンを身に着けている。

 「ハリーがジェームズみたい。泣きそう」「凄い。興奮してきた」「彼らは完璧ね。もう涙が出る」といったコメントから「なぜハリーは気難しい顔をしている?」とハリーの表情を気にするものまで、ビジュアルを見たファンからは様々な反響が寄せられている。

 『Harry Potter And The Cursed Child』は原作や映画シリーズ第7弾『ハリー・ポッターと死の秘宝』で描かれた戦いから19年後、3人の父親となり魔法省で働くハリーとハリーの末息子アルバスに焦点をあてたストーリーとなる。ハリー役はジェイミー・パーカー、ジニー役はポピー・ミラー、アルバス役はサム・クレメットが演じる。

最終更新:6月1日(水)11時25分

クランクイン!