ここから本文です

西武のエース・岸が二軍戦で復帰!4者連続含む3回6Kの完ぺき投球

ベースボールキング 6月1日(水)11時55分配信

4月24日以来の実戦マウンド

 西武の岸孝之が1日、西武プリンスドームで行われたイースタンリーグ公式戦・西武-DeNA戦に先発登板。3回を投げて打者9人から6奪三振、無四球・無安打で無失点と貫禄を見せつけた。

 4月24日の楽天戦で右足の内転筋を痛め、戦列を離れることになったエース・岸。その日以来となる実戦マウンドとなったが、DeNA打線を相手に快投を披露する。

 まずは初回、先頭・荒波を一塁へのゴロに打ち取ると、ベースカバーに疾走。足の万全ぶりをアピールすると、つづく柴田は左飛に打ち取り、山下幸は三振。一軍経験の少なくない上位3人を三者凡退に斬って取る好発進を見せる。

 さらにつづく2回には、白根、井手、松本啓という中軸3人を3者連続三振。前のイニングから4者連続という快投で相手打線を料理した。

 3回も2つの三振を奪い、三者凡退に斬って取った岸はここまでで降板。3回までで6奪三振。無四球、無安打で走者を一人も許さないパーフェクト投球を披露し、回復ぶりをアピールした。

 岸の離脱以降は苦しい戦いが続いた西武であったが、5月後半には菊池雄星や高橋光成、佐藤勇といった若き力のがんばりもあって巻き返し、現在の借金は5つ。どうにかひとつでも多く借金を返した状態で岸の帰還を待ちたい、というのがファンの総意であり、チームの総意でもあるだろう。

 逆襲には欠かせないエースの復活であるが、“その時”はそう遠くはなさそうだ。


【岸孝之・投球結果】
荒波:一ゴ -- --
柴田:左飛 -- --
山下:三振 -- --
白根:-- 三振 --
井手:-- 三振 --
松本:-- 三振 --
嶺井:-- -- 中飛
青柳:-- -- 三振
百瀬:-- -- 三振

BASEBALL KING

最終更新:6月1日(水)12時9分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。