ここから本文です

相続した実家には「住まない」59%、オールパートナーズ調べ

SUUMOジャーナル 6月1日(水)10時21分配信

(株)オールパートナーズ(東京都新宿区)は、「もし親が住んでいた実家を相続したらどうする?」というテーマでアンケート調査を実施し、その結果を発表した。
調査対象は全国の30代~70代男女。調査方法はインターネット。調査期間は2016年2月~3月。有効回答数は100。

親の住んでいた実家を相続したらどうしますか?では、「住まない」と答えた方が59%、「住む」は41%だった。住むと答えた方の回答には、「リノベーションして住みたい」「退職後に住んでみたい」「実家がなくなるのは寂しいので住みたい」などがあった。

また、「住まない」と回答した方の66%が「売却希望」であることが分かった。そのほかは「貸し出す」17%、「分からない・放置」17%だった。回答には、「不便な場所にあるので売りたい」「使う人がいないので売却したい」「駐車場として貸したい」「立地がいいので貸したい」「家を取り壊すまでは決めているが、売るか貸すかはその時にならないとわからない」などがあった。

「売却したい」と答えた人の理由としては、「住まない・用途が分からない」46%、「遠い・田舎」23%、「お金が必要」15%、「建物が古い」15%だった。

ニュース情報元:(株)オールパートナーズ

ニュースSUUMO

最終更新:6月1日(水)10時21分

SUUMOジャーナル