ここから本文です

藤田騎手、金沢競馬に再び 7日騎乗の見通し

北國新聞社 6月1日(水)3時2分配信

 日本中央競馬会(JRA)の藤田菜七子騎手(18)=根本康広厩舎(きゅうしゃ)=が、7日に開催される市営金沢競馬のレースに騎乗する見通しとなった。金沢競馬では4月12日の県営開催に続き、2度目の騎乗となる。出場レースは今後決まる。

 藤田騎手はJRAで16年ぶり7人目の女性騎手として、3月に川崎競馬場(川崎市)で初騎乗した。話題性と愛らしい外見で注目が集まり、全国区の知名度を誇る。

 4月12日の金沢競馬には、前年同時期の開催日と比べて約2・3倍の4162人が来場し、売り上げは約2倍の約3億6千万円となった。藤田騎手は第2、第3レースで1着に入り、2着も2回獲得するなど実力を示した。

北國新聞社

最終更新:6月1日(水)3時2分

北國新聞社