ここから本文です

知事賞に木場さん、北國新聞社社長賞に西さん 1日から石川の伝統工芸展

北國新聞社 6月1日(水)3時2分配信

 第57回石川の伝統工芸展(日本工芸会、同石川支部、北國新聞社主催)の作品審査が31日行われ、最高賞の知事賞に木場紀子(もとこ)さん(76)=金沢市=の染織「紬織(つむぎおり)着物『花の丘』」が輝いた。北國新聞社社長賞に西勝廣さん(61)=輪島市=の漆芸「沈金箱『宵待ち』」、金沢市長賞には吉田幸央(ゆきお)さん(55)=小松市=の陶芸「金襴手彩色(きんらんでさいしき)花器」がそれぞれ選ばれた。同展は1日、金沢市のめいてつ・エムザ8階催事場で開幕する。

 このほかの受賞作は、北國銀行頭取賞が徳田八十吉さん(小松市)の陶芸「彩(さい)釉壷(ゆうつぼ)・楼蘭(ろうらん)」、NHK金沢放送局長賞が中嶋虎男さん(加賀市)の木竹工「栃(とち)造(づくり)盛器(もりき)」、日本工芸会賞が竹岡千穂さん(輪島市)の漆芸「乾漆(かんしつ)盛器『たゆたう』」となった。

 奨励賞には、坂本康則さん(漆芸・輪島市)、定池隆志さん(木竹工・金沢市)、宮本雅夫さん(陶芸・小松市)、坂井直樹さん(金工・金沢市)、藤枝政和さん(漆芸・金沢市)の作品が選ばれた。

 同展の会期は6日まで。入場は無料となっている。

北國新聞社

最終更新:6月1日(水)3時2分

北國新聞社