ここから本文です

EL3連覇のセビージャが清武弘嗣に関心…移籍金約8億円を用意か

SOCCER KING 6月1日(水)11時50分配信

 ヨーロッパリーグ(EL)3連覇を達成したセビージャが、ハノーファーに所属する日本代表MF清武弘嗣の獲得に関心を抱いている。ドイツ紙『ビルト』の報道をドイツ誌『kicker』日本語版が6月1日に伝えている。

『ビルト』によれば、セビージャは清武の獲得に向け、現行契約に含まれる例外条項の移籍金650万ユーロ(約8億円)を支払う用意があるという。この例外条項の期日は5月末までとみられていたものの、『kicker』が得た情報によれば6月末日までとなっている模様だ。

 清武に対しては、EL出場権(プレーオフ)を獲得した日本代表FW原口元気所属のヘルタ・ベルリンをはじめ、FW大迫勇也所属のケルン、さらにチャンピオンズリーグ出場権を獲得したレヴァークーゼン、そのレヴァークーゼンにドイツ人FWケヴィン・フォラントを引き抜かれたホッフェンハイムといったクラブが関心を示していると報じられている。

 清武は今シーズン、ブンデスリーガで21試合に出場し、5ゴール7アシストを記録した。

SOCCER KING

最終更新:6月1日(水)16時31分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]