ここから本文です

U-21伊代表FWベラルディがユーヴェへ…買戻オプション行使を承諾

SOCCER KING 6月1日(水)12時10分配信

 サッスオーロのU-21イタリア代表FWドメニコ・ベラルディが、ユヴェントスへの移籍を承諾した模様だ。イタリア紙『トゥットスポルト』が5月31日に報じた。

 サッスオーロは昨年1月に共同保有元のユヴェントスから1000万ユーロ(約12億円)の4年払いでベラルディを獲得。ただ、ユヴェントスは今夏に同選手を買い戻すことができるオプション契約を結んでいる。

 同紙によるとベラルディは、ユヴェントスが買い戻しオプションを行使することに同意。ユヴェントスからサッスオーロへ移籍金2500万ユーロ(約30億7000万円)が支払われることになる。

 ベラルディは1994年生まれの21歳。今シーズンのセリエAでは29試合出場7ゴールを記録した。昨シーズンまでは2年連続で二桁ゴールを挙げるなど、着実に得点数を伸ばしてきた。なお同選手は“ミラン・キラー”として知られ、同クラブとの対戦で通算6試合に出場し、8ゴール2アシストを記録している。

 一方、主力のベラルディが移籍することに伴い、ユヴェントスとサッスオーロの双方が補強に尽力する構えを見せている。両クラブは共同で、セリエBのペスカーラに所属するイタリア人FWジャンルカ・カプラーリと同FWジャンルカ・ラパドゥーラの獲得を目指すことになると報じられている。カプラーリは今シーズンのセリエBで13ゴール、ラパドゥーラは27ゴールを挙げて得点王に輝いた。ラパドゥーラに関しては、ナポリやレスターなどへ移籍する可能性が報じられている。

SOCCER KING

最終更新:6月1日(水)12時12分

SOCCER KING