ここから本文です

氷川きよしが番組初登場、NHK『みんなのうた』8月~9月放送の新曲を発表

CDジャーナル 6月2日(木)16時53分配信

 6月~7月はSMAP「ベスト・フレンド ~Best Friend~」、河合奈保子「雨のてん・てん」などがラインナップに上っている『みんなのうたリクエスト』(Eテレにて毎週土曜17:55~放送)も好評放送中のNHK『みんなのうた』が8月~9月放送の新曲を発表。今回が番組初登場となる氷川きよしの歌う「おじいちゃんちへいこう」をはじめ、miwa「結 -ゆい-」、時東ぁみ「カッパノナミダ」の3曲となっています。

 〈第83回NHK全国学校音楽コンクール〉にて中学校の部の課題曲となっている「結 -ゆい-」は、miwaからの「ひとりひとりの力や思いが集まり、結ばれると、とても大きなエネルギーになるのだということを、感じてもらえたらうれしいです。ひとつひとつの歌詞に思いを込めて作ったこの曲が、中学生のみなさんの一生の思い出に残る大切な歌になってくれるよう、願っています」との想いが込められた一曲。アニメーションは、スタジオジブリの元スタッフである子安未紗が担当。

 さらに、おじいちゃんと過ごした夏休みを描き、南家こうじがアニメーションを手がけた「おじいちゃんちへいこう」、『ドラえもん』をはじめ多くの作品で脚本をつとめる清水 東の浮かべた詞世界を漫画家・内田春菊とアニメーター・青木俊直が映像化した「カッパノナミダ」と、ヴァラエティに富んだ3曲となっています。

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation). All rights reserved.

最終更新:6月2日(木)16時53分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。