ここから本文です

<動画>菜々緒、スタッフのミスに“鉄拳制裁”? ドSエピソード明かす

まんたんウェブ 6月2日(木)21時18分配信

MANTAN

 女優の菜々緒さんが5月28日、東京都内で行われた映画「オオカミ少女と黒王子」(廣木隆一監督)の初日舞台あいさつに主要キャストとともに登場。菜々緒さんは自身のドSエピソードを聞かれると「私はですね、第一線で活躍するのにヘアメークさん、スタイリストさん、マネジャーさんにプロとして100%力を注いで仕事をしてほしいんです」と切り出し、「だから仮にミスをした場合は、私の強烈なビンタを食らわせるのが毎回の恒例です」と明かし、共演者を震え上がらせた。

【動画】山崎賢人&二階堂ふみが仲良すぎ!メーキング&インタビュー公開

 そんな菜々緒さんは、司会者から「ビンタを食らわせているんですね?」と確認されると、「デコピンです。デコピン。私、ビンタって言いましたか?」と慌てて訂正してみせたが、あとの祭り。司会者は「(ほかの出演者が話すエピソードの)ハードルがいきなり上がっちゃいましたね」と苦笑いを浮かべていた。

 映画は、「別冊マーガレット」(集英社)で連載中の八田鮎子さんの人気マンガが原作。高校に入学したばかりの見えっ張り女子高生・篠原エリカ(二階堂ふみさん)は、彼氏がいないのにいると女友達にうそをつき、学校一の“イケメン王子”・佐田恭也(山崎賢人さん)に彼氏のふりをお願いする。恭也は自分に“絶対服従”することを条件にそれを受け入れる“ドS王子”で……というストーリー。

 舞台あいさつには二階堂さん、山崎さん、鈴木伸之さん、門脇麦さん、池田エライザさん、玉城ティナさん、吉沢亮さん、廣木監督も登場した。

最終更新:6月2日(木)21時18分

まんたんウェブ