ここから本文です

志の輔の落語の世界が立ち現れるノンストップコメディ

チケットぴあ 6月2日(木)15時50分配信

都市計画に伴う一時閉館に向け、現在、“クライマックス・ステージ”を展開しているパルコ劇場。6月はその勢いにふさわしいエンターテインメント作品が登場する。パルコ劇場でおなじみとなった『志の輔らくご』の新作落語を舞台化した『メルシー! おもてなし~志の輔らくごMIX~』だ。志の輔の落語が本格的に舞台化されるのはこれが初めて。主演の中井貴一を中心とした熱い稽古場は、その初の試みの成功を予感させた。

稽古場写真、2点

その日、お稽古場では本番さながらの通し稽古が行われた。舞台は国際空港に近いとある地方都市の商店街。中井貴一演じる商店街会長の源造のもとへ、外務省の役人から電話がかかってきたことから、物語は始まる。いわく、フランス特使の奥様とお嬢様が、帰国前に、商店街にあるひな人形の工房と、日本の生活感あふれる商店街を見学したいとおっしゃっている、というわけである。これは、ある事件をきっかけに盛り下がっている商店街に活気を取り戻すチャンスと張り切る源造。まずは、中井演じる源造のそのテンションの高さに巻き込まれ、冒頭からスッとこの商店街の話に導かれていく。

また、この世界の住人たちの個性の強いこと! 源造は喜怒哀楽が激しすぎるし、YOUが演じるその妻は妄想がすぎるし、ふたりが合わされば、抜群のコンビネーションで見せる夫婦漫才が始まる。これに魚屋に扮する勝村政信が加わると、トリオ漫才かコントである。手にしたお盆を放って中井に抱きついたり、何ごとにも大げさな男を勝村は全身で表現する。明星真由美が演じる魚屋の妻とはマイムを使い、ふたりならではの演劇的なシーンになっていく。体面を繕おうとするあまりにおかしくなっていく前・商店街会長と、あまりにも渋すぎるひな人形の職人を演じるのは阿南健治だ。2役ともまったく別の方向からおかしみを醸し出す。そして、音尾琢真演じる神経質そうな役人、サヘル・ローズ扮する通訳、ほかの商店街の人々が、トラブルがありながらも、フランス特使の奥様とお嬢様に喜んでもらいたいと必死になっていく。全員が全員おバカだけれども気持ちのいい人たち。まさしくそれは、“志の輔らくご”の世界である。

原作は『踊るファックス』『ディアファミリー』『ガラガラ』『メルシーひな祭り』の4本の落語。脚本・演出のG2がそれらをひとつにし、役者陣とともに上質なノンストップコメディに仕上げている。演劇ファンにも落語ファンにもうれしい作品となるだろう。

公演は6月4日(土)から26日(日)まで。チケット発売中。

取材・文:大内弓子

最終更新:6月2日(木)15時50分

チケットぴあ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。