ここから本文です

岩田寛の苦悶は続く 松山英樹との差にショックも?

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月2日(木)8時41分配信

直近2試合続けて予選突破を果たしている岩田寛だが、「(感触は)よくないですね」と、表情は相変わらず暗いままだ。オハイオ州にあるミュアフィールドビレッジGCで行われる「ザ・メモリアルトーナメント」開幕を前日に控えても、その苦悶は続いている。

【画像】米国から熊本へ 岩田寛がキャップに込める思い

次週月曜日に行われる「全米オープン」予選会も見据えて、今週の岩田は忙しい。

月曜日にミュアフィールドビレッジGCを18ホール(うち9ホールは松山英樹と一緒)回り、火曜日は主催者推薦での出場ということもあり、別会場でのプロアマ戦に参加。この水曜日は午前中に予選会の一会場をカートで回ってチェックしたあと、ミュアフィールドのイン9ホールをラウンド。その後、練習場で打ち込みを行った後に、再び予選会のもう一会場の視察へと向かう予定だ。

月曜日に松山と一緒に回ったが、「球のとらえ方がうまかった。調子が悪そうであれ。僕が絶好調でもあそこまでいかない。レベルが違い過ぎる」と漏れてくるのは嘆き節。「なんか…、疲れていても、元気でも、コースが難しくても、簡単でも、なんにも変わらない。自分がよくなきゃ面白くない!」と、なかば心の叫びをそのままに口にした。

「すごく良いときっていうのはそんなにないと思うけど、悪くてもこうするみたいな…。分かっているんだけど、もうとんでもないのが出ちゃうから、早く布団に入りたい」と続けた岩田。「でも、練習するしかない」と、最後は自分に言い聞かせるように、練習場の打席に立った。(オハイオ州ダブリン/今岡涼太)

最終更新:6月2日(木)8時41分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]