ここから本文です

前年覇者の大山志保が右肩痛でプロアマ棄権 本戦出場も不透明

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月2日(木)16時58分配信

国内女子ツアー「ヨネックスレディス」は3日(金)、新潟県長岡市のヨネックスCCで開幕する。大会前日の2日(木)は同コースでプロアマ戦を実施。前年覇者の大山志保がわずか1ホールのプレーで右肩痛のため途中棄権するハプニングがあった。

優勝賞金全額を寄付!大山志保のフォトギャラリー

大山はスタート直後に「1番ホールで軽く振っただけだけど、すごく痛い」と訴え、早々の棄権を申し出た。ツアー関係者への説明では、右肩に痛みが出たのは、ツアー出場せず休養に充てていた先週の25日(水)。連覇のかかる大会に向け、針治療やマッサージで調整してきたが、会場入りした31日(火)に痛みが強まったという。

「(本戦には)出たいと思っている。ただ、すごく痛いので」と話した大山は、「きょうも、これからホテルで治療します」と言い残し、すぐに会場を後にした。明朝の状態を確認してから初日のスタートを判断する。

今週発表の世界ランクで41位に落ち、40位の宮里美香に抜かれ日本勢3番手に後退した。7月11日時点の上位2選手に与えられるリオデジャネイロ五輪の日本代表入りを目指す大山は、昨年と2006年で計2度の優勝がある得意大会で好成績を期していた。(新潟県長岡市/林洋平)

最終更新:6月2日(木)17時6分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]