ここから本文です

白根大凧合戦2日開幕

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 6月2日(木)14時1分配信

 白根大凧合戦が2~6日、新潟市南区の中ノ口川堤防で行われる。東西13の大凧組と45の巻凧組が熱い戦いを展開する。

 時間は午後1時~6時(2日は同2時ごろ開始、最終日は同5時半まで)。会場には、1人500円の有料観覧席220席を用意する。6隻で計750人乗船できる無料の観覧船もある。

 期間中、午後0時半~6時半(2日は正午から、5日は午前9時半から)に約20分間隔で無料シャトルバスを運行する。合戦会場や周辺と、しろね大凧と歴史の館などを結ぶ。4、5の両日のみ、会場と味方出張所間も運行する。

 合戦の問い合わせは白根大凧合戦実行委員会、025(372)6505。路線バスの問い合わせは新潟交通観光バス潟東営業所、0256(86)3355。

 2日午後0時半から本町通りで行われる市中パレードには、アイドルグループのNGT48メンバーで南区PR大使を務める水沢彩佳さん(21)=南区出身=らが参加する。

 そのほかの主な関連イベントは次の通り。
▽花火大会  4日午後8時から、南区西白根で打ち上げ
▽お祭り広場 5日午前10時~午後5時、本町通り

◎大人に負けじと児童も熱く

 白根大凧合戦の開幕を前に、子ども大凧合戦が1日、新潟市南区の中ノ口川堤防で開かれた。区内の児童約700人が参加。法被姿で堤防上を元気いっぱいに走り、綱を引き合って熱戦を披露した。

 子ども大凧合戦はことしで42回目。区内の子ども会や小学校ごとにつくった31組が東西に分かれて戦った。

 西風が強く、全組が西側堤防から凧を揚げ、うまく空に舞うと歓声が上がった。風の影響で後半は模擬合戦による引き合い勝負。あらかじめ凧綱を絡め東西で引き合い、子どもらは力を合わせて引っ張った。白根小6年男の子(12)は「昨年よりちゃんと揚げることができて良かった。引き合いでは負けたので悔しい」と話した。

最終更新:6月2日(木)14時1分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ