ここから本文です

アンダーパーわずか6人…池村、宮本ら4人が首位に並ぶ

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月2日(木)19時13分配信

◇国内男子メジャー初戦◇日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 初日◇宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース◇7384d(パー71)

【画像】え、失格? 2年前はまさかの決着

正午過ぎに最大瞬間風速12.8m/sを記録する強風が吹き荒れ、アンダーパーはわずか6人の展開となった。首位のスコアは「69」の2アンダー。大会初出場の池村寛世、今季1勝のショーン・ノリス(南アフリカ)、大会2勝(2001年、10年)の宮本勝昌、2012年日本アマ王者の小袋秀人の4人が並んだ。

池村は昨季下部チャレンジツアーで2勝を挙げるなど賞金ランク3位とし、今季前半戦の出場権を獲得。4月の国内初戦「東建ホームメイトカップ」初日に5位スタート(最終順位は52位)を切るなど、レギュラーツアーでも存在感を高めつつある。

1アンダーの4位に谷口徹と藤田寛之のベテラン勢。さらに1打差の7位に、谷原秀人、片山晋呉、川村昌弘ら8人が続いた。

前週「ミズノオープン」を2位で終えた今平周吾は3オーバーの32位。今季3勝で賞金ランクトップを独走するキム・キョンテ(韓国)、前年優勝のリャン・ウェンチョン(中国)はともに4オーバーの48位と静かな滑り出し。日本勢で今季、ただ1人優勝している池田勇太は9オーバーの105位と大きく出遅れた。

【上位の主な成績】
順位/スコア/選手名
1T/-2/S.ノリス、宮本勝昌、池村寛世、小袋秀人
5T/-1/谷口徹、藤田寛之、上井邦裕
7T/0/川村昌弘、谷原秀人、片山晋呉 ほか

最終更新:6月3日(金)20時32分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]