ここから本文です

大阪・JR山中渓駅近くの川でホタル乱舞

THE PAGE 6月2日(木)21時40分配信

 2日の近畿地方は、朝から晴れ間が広がったが、気温の方はここ数日に比べてはあがらず、大阪管区気象台によると、大阪市内では最高気温が24.9度だった。大阪府阪南市の山中渓(やまなかだに)の川でホタルの乱舞が見られ、多くの見物人の目を楽しませている。

【拡大写真と地図】JR山中渓駅近くの川で飛び交うホタル

 同日午後8時ごろ、JR阪和線・山中渓駅近くを流れる山中川に来てみると、数え切れないほどのホタルの乱舞が見られた。

 手元の気温計は17度と少し肌寒く感じる中、ホタルは川や橋の上を華麗に飛び回り、川より少し高い位置にある路上からも確認することができる。

 同市内から来た70代の女性は「思ったよりか飛んでたから数えきられへん、ビックリした。けど、来てよかった」と話し、ゆっくりと鑑賞を楽しんでいた。また、同市内から来たという別の家族連れは「今年は早い予感がしたので見に来たらたくさんいて驚いた。今年はやっぱ暖かいとかあるんですかね」などと話していた。

地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.32791397678709&lon=135.27069869193&z=17

最終更新:6月3日(金)0時0分

THE PAGE

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。