ここから本文です

坂本美雨 with CANTUS、最新アルバムより「pie jesu」MVを公開

CDジャーナル 6月2日(木)16時53分配信

 坂本美雨がかねてより親交のあった女子聖歌隊のCANTUSとタッグを組み、坂本美雨 with CANTUS名義で6月22日にリリースするミニ・アルバム『Sing with me』(YCCW-10277 1,200円 + 税)より、「pie jesu」のミュージック・ビデオ(short ver.)が公開されました。

 アルバム発売に先駆け、今年3月にデジタル・シングルとして配信リリースされていた「pie jesu」。『キャッツ』『オペラ座の怪人』といったミュージカル作品で知られるアンドリュー・ロイド・ウェバーが発表した『レクイエム』からの1曲で、haruka nakamuraがアレンジを担当、ゲスト・ヴォーカリストとして“うらら”を迎えたナンバー。haruka nakamuraはMVのプロデュースも手がけており、うららをメインキャストに子供たちの笑顔が詰め込まれた作品となっています。

 MVと合わせて、『Sing with me』特設ページ(www.yamahamusic.co.jp/sing-with-me)では坂本美雨本人によるライナーノーツが公開。レコーディング時のエピソードや、各曲の聴きどころが綴られています。

 さらに、坂本美雨 with CANTUSとして7月29日(金)~31日(日)の3日間にわたって東京・二子玉川駅周辺にて開催されるアートフェスティヴァル〈TOKYO ART FLOW 00〉出演も決定。30日午前には玉川高島屋S・Cにて、そして夕方には二子玉川ライズへの入り口となっているガレリア(歩行者用道路)を大聖堂に見立てたイベントを開催予定。詳しい出演時間などは、〈TOKYO ART FLOW 00〉の公式サイト(tokyoartflow.jp)にて6月中旬に発表される予定です。

最終更新:6月2日(木)16時53分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。