ここから本文です

『団地』の阪本順治監督と斎藤工が語る、藤山直美の素顔

Movie Walker 6月2日(木)8時0分配信

その年の映画賞を多数受賞した『顔』(00)の主演女優・藤山直美と阪本順治監督が、16年ぶりに再タッグを組んだ映画『団地』(6月4日公開)。舞台挨拶で阪本監督が「阪本順治のSと藤山直美のFで“SF映画”です」とおちゃめなキャッチフレーズをつけて笑いを取っていたが、確かに本作は、素朴なタイトルとはかなりギャップがある奇想天外な映画となった。本作に出演した阪本監督と斎藤工にインタビューし、藤山との撮影エピソードについて話を聞いた。

【写真を見る】『団地』で斎藤工が演じる不思議な青年に大爆笑

本作の主人公は、家業の漢方薬局を畳み、夫・清治(岸部一徳)と共に団地に引っ越してきた山下ヒナ子(藤山直美)。彼らを取り巻く団地の人々の人間模様がコミカルに描かれる。斎藤は、ヒナ子たちが営んでいた漢方薬局の顧客・真城役を演じた。

クスクスと笑える人情喜劇かと思いきや、後半は怒涛のような展開を迎え、度肝を抜かれる。藤山のスケジュールが空いたので、1週間で脚本を書き上げたという阪本監督だが、構想は何年も前からあったと言う。「これまでも、いろんなスタッフやプロデューサーに話をしてきたのですが、『何それ?』と笑われて終わることが多かったんです。でも、映画では何をしてもいいわけで。今回は映画のマジックを使って、遠いところへ行こうと思いました。異次元を借りて時間と空間を飛び越えれば、人間の心や魂めいたものがより鮮明になるかなと」。

斎藤は阪本監督からの出演のオファーに大喜びしたと言う。「うれしかったのですが、阪本監督作の常連俳優さんたちのなかに、自分が当てはまることが想像できなくて。本作では、浮いている感じがそのままキャラクターになっていて、自分の役割が明確に見えたので、希望をいただけた感じがします」。

16年ぶりに藤山直美を演出した阪本監督は「映画への向き合い方が何も変わっていなかったところが良かった」という感想をもった。「いまや日本一の舞台俳優さんですから、それはすごいことです。おごりがあれば『私は映画もできる』となるじゃないですか?舞台上ではどんどんすごみを増していきながら、でもやっぱり『映画は怖いし、舞台でやっていることを映画で持ち込んではいけない』という思いで来てくれたのがうれしかったです」。

斎藤が演じる真城は、どこか浮世離れしている不思議キャラの青年だ。藤山と斎藤の凸凹なやりとりが最高で、斎藤が「ごぶさたです」という挨拶を「五分刈りです」と言うシーンは爆笑ものだ。阪本監督は「絶対ああいうことを言いそうにない斎藤くんが言うから笑えるんです」と楽しそうに言う。

斎藤も藤山と共演できたことに感激したようだ。「滑稽さを活かしていただいたなと思います。でも、直美さんはアドリブを一切しない。もちろん楽屋では、喜劇女王ぶりをフル回転させ、さまざまな笑いのうねりを作られていたのですが、撮影現場ではまた違うモードに入られる。良い意味でぞっとしました」。

阪本監督が「斎藤くん、楽屋でかなり追いつめられていたね」とうれしそうに斎藤に振ると、斎藤は「格好のターゲットでした」と苦笑い。「最初、丁寧にご挨拶をしてくださった後、ずっとニコニコされているなあと思ったら『あんた、抱かれたい男ナンバー1なんやて?女の人が前から歩いてきたら、自分に抱かれたいんかなと思う?』と聞かれて(笑)。一時的な称号だし、僕的にもネタにしてもらわないと、と思っていたのですが、そこをものすごく掘り下げてくださいました。結果的にはすごくうれしかったです」。阪本監督も「“結果的には”ね」と大笑い。

さらに斎藤は藤山について「直美さんは、日常で気になるものにはどんどん突っ込んでいかれるので、楽屋は笑いが絶えなかったです。直美さんの横にいると、SとMじゃないけど、独特の関係にしてくださる。でも、現場と楽屋ではチャンネルが全然違うんです。たぶん舞台上と袖で切り替えるということに近いのかなと。その差がすごくプロフェッショナルだと思いました」。

藤山直美、岸部一徳、大楠道代、石橋蓮司という阪本組の実力派俳優陣の絶妙なアンサンブルに、異分子として突入した斎藤工。彼が物語をとんでもない方向へ牽引していく様子がなんともおかしい。コメディという枠には収まりきれない阪本流のSF映画は、頭をまっさらにして楽しんでほしい。【取材・文/山崎伸子】

最終更新:6月2日(木)8時0分

Movie Walker