ここから本文です

現代・起亜自動車 5月の米販売好調=SUVがけん引

聯合ニュース 6月2日(木)10時42分配信

【ロサンゼルス聯合ニュース】韓国の現代自動車と傘下の起亜自動車の米国販売法人によると、現代は5月に米市場で前年同月比11.6%増の7万1006台を販売した。起亜は同月6万2926台を販売し、1994年の米進出後、月ベースで最多販売台数を記録した。

 現代と起亜の販売好調はスポーツタイプ多目的車(SUV)がけん引した。

 現代のSUV「ツーソン」「サンタフェ」の5月の販売台数は前年同月比89.9%、88.1%それぞれ増加した。

 起亜のSUV「スポーテージ」、ミニバン「セドナ(韓国名:カーニバル)」の5月の販売台数も前年同月比90.9%、25.8%それぞれ増加した。

 米市場での売れ筋がSUVへと変化しているため、現代と起亜のSUV・ミニバンの販売割合は全体の30~40%に達している。ガソリン価格が安い上、SUVの人気が高いためだ。

 また、バカンスシーズンを前に現代・起亜がマーケティングを強化し、セールを展開していることも販売増加につながっている。

最終更新:6月2日(木)10時42分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。