ここから本文です

さかなクン、ニモの続編で本編監修&声優に挑戦!

Movie Walker 6月2日(木)10時31分配信

第76回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞し、日本でも社会現象を巻き起こした『ファインディング・ニモ』の待望の続編、『ファインディング・ドリー』が7月16日(土)より公開。前作でニモ探しを手助けした、何でもすぐに忘れてしまうドリーを主役にした本作で、さかなクンが、字幕版&吹替版の海洋生物監修とマンボウ役で声優を務めることが決定し、あわせて特別映像も解禁された。

【写真を見る】忘れんぼうで早口なナンヨウハギのドリーが主人公

通常、ピクサー作品の監修は外部に依頼することがなく、今回の海洋生物監修は異例の快挙だそう。さかなクンは海洋生物の習性や特徴だけでなく、日本語での正しい魚名の表現や、海の仕組みに関わることなど細かい視点で監修を行った。たとえば、劇中の台詞から「貝にも目があるのか?」という疑問には「貝にも眼点という目に当たるものがある」とアドバイス。また、劇中に登場するマグロがマカジキなのにカジキマグロと表記されていたのを指摘するなど、豊富な知識でピクサースタジオを驚かせたという。

さらにさかなクンは今回、マンボウ役として声優にも挑戦。「ギョ!ギョ!なんと私も参加させていただけると聞いて、もう夢のようでギョざいます!」と喜びを語っている。ちなみに、マンボウはさかなクンのトレードマークである大好きなハコフグと同じフグ科ということもあり「マンボウちゃんは世界で最も大きくなるフグの仲間ですので、おお~こんな偉大なマンボウちゃんの役を頂けて嬉しい!」と興奮を隠せない様子だ。

今回解禁された特別映像では、さかなクンが『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』について語るインタビューに続き、『ファインディング・ドリー』に登場するお魚たちの特徴をわかりやすく解説。さかなクン独自のチェックポイントで海洋生物の知識が身につき、本作への期待もより一層高まる内容となっている。【Movie Walker】

最終更新:6月2日(木)10時31分

Movie Walker