ここから本文です

<深田恭子>日本語吹き替えで再び白の女王に

まんたんウェブ 6月3日(金)5時0分配信

 女優の深田恭子さんが、映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」(ジェームズ・ボビン監督、7月1日公開)の日本語吹き替え版の声優を務めることが3日、分かった。深田さんは2010年公開の前作「アリス・イン・ワンダーランド」に続き、アン・ハサウェイさんが演じる白の女王(ミラーナ)の声優を務める。

【写真特集】深田恭子、ランジェリー姿に ローマで撮り下ろし

 深田さんは「お話いただいた時に、まずは作品に続きがある、といううれしさがあったのと、またこの白の女王の役をいただけてとてもありがたい気持ちになりました。前作を見た時の色彩や音、また3D映像がとても印象に残っていたので、今回はどんな作品になるんだろうとすごく楽しみにしてます」と喜んでいる。

 また、ハサウェイさんについて「年齢も近い(共に1982年生まれ)ですし、女優としても女性としてもすごく人間味のある方だなと思います。どんな役でも演じ、可愛い役も、『プラダを着た悪魔』のような役も、『レ・ミゼラブル』のような役も、とにかくいろいろな役を演じられる方だなと思います。素晴らしい女優さんであり、とくに可愛さも持っているのは素敵だなと思います」と話している。

 同作は、ティム・バートンさんが監督を務め、ジョニー・デップさんが出演したことも話題になった「アリス・イン・ワンダーランド」の“はじまり”の物語。悲しい過去に心を奪われたマッドハッターを救うため、時間をさかのぼるアリスの冒険を描く。日本語吹き替え版は、深田さんのほか、マッドハッター役の平田広明さん、アリス役の安藤瞳さん、赤の女王役の朴ロ美さんも続投する。

最終更新:6月3日(金)5時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。