ここから本文です

<松坂桃李&菅田将暉>GReeeeN映画化でダブル主演 名曲「キセキ」の誕生秘話など描く

まんたんウェブ 6月3日(金)6時0分配信

 俳優の松坂桃李さんと菅田将暉さんが、人気音楽グループ「GReeeeN(グリーン)」にまつわる実話を映画化する「キセキ -あの日のソビト-」(兼重淳監督)でダブル主演することが3日、分かった。映画は、実の兄弟であるGReeeeNのプロデューサーJINさん(兄)を松坂さん、グループのリーダーHIDEさん(弟)を菅田さんが演じ、2人の学生時代や、グループ結成当時の様子、名曲「キセキ」の誕生秘話などを描く。

【写真特集】GReeeeNのあの名曲が……

 GReeeeNは、2007年にデビューした男性4人組のボーカルグループ。メンバー全員が歯科医師免許を持つ異色のグループで、医療との両立を考えて顔を伏せて活動している。映画のタイトルにもなっている楽曲「キセキ」は、08年5月にリリースされ、日本国内で約760万ダウンロードされた曲としてギネス認定もされている。そのほかにも「愛唄」「遥か」など、デビュー以来数々のヒット曲を生み出してきた。また、タイトルの「ソビト」は、“自由に新しいことに挑戦していく人”を意味するGReeeeNによる造語を用いている。

 映画は、JINさんとHIDEさんの青春期などを、実話を基に製作される。監督は「海街diary」(15年)など是枝裕和監督作品の助監督を務めてきた兼重監督、脚本は「秘密」(1999年)、「黄泉がえり」(2003年)「余命1ヶ月の花嫁」(09年)などの斉藤ひろしさんが担当する。

 映画化の経緯について小池賢太郎プロデューサーは「JINさんが、少年のような輝いた目で、昔話を聞かせてくれました。それは実話なのですが、聞いていくほど、まるで、ひとつの物語のように感じられ、そのお話に本当に感動させられました」と告白。「顔を出していないので、彼らの実態は誰にも知られていません。もし、可能であれば、私が幸運にも聞くことができた物語を現実に映画にできたら、そしてみなさんに紹介できたらと思いました。顔も分からない彼らの音楽が、なぜ、こんなにみんなに届くのか? たくさんの人の心に届く音楽のもとをこの映画で表現できたらと思います」と心に期しているという。

1/2ページ

最終更新:6月3日(金)6時0分

まんたんウェブ