ここから本文です

『FFXIV』宝物庫アクアポリスで一攫千金! “パッチ3.3 最期の咆哮”の最新情報・第3弾!

ファミ通.com 6月2日(木)17時0分配信

●6月7日から始まる“パッチ3.3 最期の咆哮”の最新画像を公開!
 『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の“パッチ3.3 最期の咆哮”(2016年6月7日リリース)で実装されるコンテンツ紹介もこれでラスト! つぎなる段階に進むアニマウェポンや、新PvPのフィールド・オブ・グローリー:砕氷戦など、公式の導入テキストと併せて紹介していこう。“パッチ3.35”で実装予定のディープダンジョン 死者の宮殿もチラリとお見せしちゃいます!!

●フィールド・オブ・グローリー:砕氷戦
 クルザス東部低地、フィールド・オブ・グローリー。かつてガレマール帝国軍第VII軍団長、ネール・ヴァン・ダーナスが、衛星「ダラガブ」の誘導に用いた古代遺跡「浮島」を発見した場所としても知られている。そんな土地から、さらなる古代アラグ文明の遺物が発見された。
 かくして、エオルゼア都市軍事同盟は、凍り付いた山岳地帯を新たな「アウトロー戦区」に指定。ネールが残した情報を巡り、凍り付いた遺物を砕く、熱き戦いが繰り広げられる!

●宝物庫アクアポリス
 隠された宝箱の中に収められていた、古びたスクロール。そこに記されていたのは、何者かが地下水道の遺跡を利用して築き上げた、秘密の宝物庫に通じる「転送魔紋」だった……。危険な罠と魔物がひしめく宝物庫の奥底で、冒険者を待つお宝とは?

●ヒルディブランド外伝:蒼天編
 不可思議な魔法人形「ギギ」と出会ったヒルディブランド一行が、皇都「イシュガルド」にて新たな騒動を巻き起こす。

●アニマウェポン
 アニマウェポンを巡るアルダシールとゲロルトの研究は、新たな協力者を得て次なる段階へと進む。人造精霊を劇的に成長させるという目論みは、果たして成功するのか?

●ハウジング・花
「植木鉢」
 お部屋の中でも栽培できる植木鉢が登場!
 植木鉢のみで栽培できる「オールドローズ」は、肥料の種類や頻度、量に応じて花の色が変化します。育ったお花を髪飾りなどに加工して、頭装備として装備することもできます。プレゼントにもいかが?

「花瓶」
 植木鉢で栽培したお花を摘み取り、花瓶に挿して飾ることができる! お気に入りのお花を育てて、インテリアを楽しもう!

●ディープダンジョン 死者の宮殿
 地下都市「ゲルモラ」時代の遺構「イソム・ハーの穴蔵」の奥底にて、未知の迷宮が発見された。その内部には、強力な「結界」が貼られており、ひとたび足を踏み入れれば、本来の力を発揮できなくなってしまう。さらに幻惑魔法によって、入る度に構造が変化して感じられるという有様……。死霊が目撃されたことで、いつしか「死者の宮殿」と呼ばれるようになっていた、この謎の迷宮を調査すべく、鬼哭隊は冒険者たちに協力を仰ぐのだった。

※本コンテンツはパッチ3.35で実装予定です。

最終更新:6月2日(木)17時0分

ファミ通.com