ここから本文です

<五輪サッカー>チャン・ヒョンス、代表チームの“ワイルドカード”有力…合流時期を調節

WoW!Korea 6月2日(木)17時51分配信

チャン・ヒョンス(広州富力足球倶楽部)がシン・テヨン号のワイルドカードで2016リオ五輪に出場する見通しだ。

チャン・ヒョンスの紹介と写真

 大韓サッカー協会は2日、「先月30日、広州富力足球倶楽部からチャン・ヒョンスの五輪選出に協力するという公文書を受け取った」と述べた。

 しかしチャン・ヒョンスが五輪に出場するのかはまだ決まっていない。合流時期については協議しなければならないためだ。

 シン・テヨン監督は6月末に五輪本選に出場する18人を発表後、7月初めに招集をして大会に備える予定だ。ワイルドカード合流も7月初めと求めている。しかし広州富力足球倶楽部は大会が迫ってからチャン・ヒョンスを送るという立場だ。

 シン・テヨン監督は先月30日「ワイルドカードの部分については私の考えとずれる部分が生じた。所属チームとまだ交渉できていない」と心配した。

 これに協会関係者は「チャン・ヒョンスのワイルドカードが有力だが確定ではない。チャン・ヒョンスの合流時期について広州富力足球倶楽部と交渉を続ける必要がある」とし「交渉が円滑にいかず、チャン・ヒョンスの良い代案が出ればワイルドカードが変更になる可能性もある」と述べた。

 チャン・ヒョンスは2014年、仁川アジア大会に主将として出場。韓国の優勝を導くなど経験とリーダーシップを備えている。

最終更新:6月2日(木)17時51分

WoW!Korea

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。