ここから本文です

ディープ・パープル、新作のレコーディングを完了

BARKS 6月3日(金)8時18分配信

ディープ・パープルが、2013年の『Now What?!』に続く新作のレコーディングを終了したそうだ。ニュー・アルバムは前作同様、ボブ・エズリンがプロデュースしている。

◆ディープ・パープル画像

キーボード・プレイヤーのドン・エイリーは、ツアーで訪れていたロシアの通信社TASSにこう明かしたという。「僕が知る限り、レコーディングは完了した。いまはボブ・エズリンの手にゆだねている。彼はこれからミックスするところだ。リリース日は知らされていない。まだわからない」

20枚目となるスタジオ・アルバムは、米ナッシュビルのスタジオでレコーディングされたと言われている。『Now What?!』はドイツ、ノルウェー、オーストリアのチャートで1位を獲得。彼らのアルバムが1位に輝くのは、ドイツでは『The House Of Blue Light』(1987年)以来、ノルウェー、オーストリアでは『Burn』(1974年)以来だった。UKでも『The House Of Blue Light』以降初めてトップ20に入った。

ディープ・パープル関連ニュースとして、デス・エンジェルのマーク・オセグェダ(Vo)、元ガンズ・アンド・ローゼズのロン・サール(G)、テスタメントのアレックス・スコルニック(G)らが参加するプロジェクトMetal Allegianceは、8月11日NYブルックリンで開く公演で、今年ロックの殿堂入りしたディープ・パープルに敬意を表し『Made In Japan』をフル・プレイするそうだ。

Ako Suzuki

最終更新:6月3日(金)8時18分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。