ここから本文です

第三者委が報告書公表 木城町文化財廃棄問題

宮崎日日新聞 6月2日(木)12時10分配信

 木城町が町民の寄託・寄贈品を含む歴史・民俗資料を廃棄した問題で、経緯などを調べていた「木城町文化財処分問題第三者委員会」(委員長・永松敦宮崎公立大教授)は1日、同町役場で記者会見を開き、「条例を整備せず、資料収集、展示を何ら計画性もなく進めてきた町に大きな過失がある」などとする報告書を公表した。永松委員長は「絶対にあってはならないことで、強い憤りを感じる」と厳しく批判した。

宮崎日日新聞

最終更新:6月2日(木)12時10分

宮崎日日新聞