ここから本文です

あっちゃん天国から地獄へ。前田敦子主演「毒島ゆり子のせきらら日記」に「ジェットコースターみたい」の声

E-TALENTBANK 6月2日(木)11時14分配信

昨夜第7話が放送された前田敦子主演ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」。

先週放送された第6話では、突然小津(新井浩文)がゆり子(前田敦子)に突然のプロポーズ。その勢いで婚姻届を提出する、という予想外の展開を見せた。しかし、小津の妻の弁護士と名乗る真田(バカリズム)が現れ、小津は離婚していないどころか、そんな話すらも出たことのない円満な家庭を築いていると言う。その話を信じられなかったゆり子が、小津の以前の住所を尋ねてみると衝撃の光景が…という展開を見せた。

この展開に視聴者からは、Twitterで「小津さんはとんでもないヤツ」「あっあっ小津さん……クズーーーー!!」「ちょっと小津さん。。ちょっと!!」「小津さん、ゲスすぎでっせ。」「ほんとにジェットコースターみたいにおちてくな~ゆり子、、来週修羅場らしいし」「小津さん、、ひどい、、ありゃない。。ゆり子が倒れるのもわかる。。」と驚きのコメントが多数上がっていた。

前田敦子は自身のTwitterで「7話からの8話!絶対見てほしい!小津さーん!って、、」とコメント。小津を演じる新井浩文もTwitterで「みんなもやもやするから、はっきり言っとく。。。8話だ!8話終了までには、絶対にもやもや取り除く!」と宣言している第8話では、ゆり子(前田敦子)、小津(新井浩文)、真田(バカリズム)、3人での話し合いの場が持たれることになっていて、ますます目が離せなくなりそうだ。

最終更新:7月11日(月)21時37分

E-TALENTBANK