ここから本文です

三菱マテリアル、元中国労働者と強制連行で和解

日刊産業新聞 6月2日(木)10時47分配信

 三菱マテリアルは1日、中国人元労働者3人と、北京市で同日和解したと発表した。第二次世界大戦中に旧三菱鉱業の国内炭鉱・鉱山で労働を強いたことについて、同日午前の調印式で謝罪し、元労働者側が受け入れ、1人当たり10万人民元(約168万円)の支払いや、事業所跡地への記念碑建立で合意した。

最終更新:6月2日(木)10時47分

日刊産業新聞