ここから本文です

深津貴之らが体感する【イノベーション×デザイン】btraxデザイン思考ワークショップ

SENSORS 6月2日(木)12時0分配信

アメリカ西海岸サンフランシスコ、スタートアップとデザイン会社が多く集うソーマ地区にオフィスを構えるbtrax。彼らが2年間サンフランシスコで実施してきたデザインワークショップを体感できるセミナーにデザイナー深津貴之氏とマーケター彌野泰弘氏らが参加。btraxが行うワークショップからデザイナー、マーケターが何を学ぶのか?次世代型問題解決、ソリューションの導き方を探る。

サンフランシスコのスタートアップが取り入れるアプローチを、日本企業の課題に沿った形で提供

SENSORSでも度々追ってきた『デザイン思考』。デザイナーが課題解決する際のアプローチで製品やサービスの開発手法やプロセス、さらには戦略すら変えることが出来ると説くもので、変化が激しく様々なテクノロジーやサービスが勃興する時代に必要なアプローチとして世界中のビジネスマンが注目している。

デザイナー出身であり経営者であるbtraxブランドン氏はスタンフォード大学のd.schoolなどを参考にサンフランシスコのスタートアップが取り入れるデザイン思考アプローチを、日本企業の課題に沿った形で提供できるワークショップに変更し、既に数十社の日本企業が受講をし成果を上げているという。
通常であれば最低3日間はかかるワークショップのマインドセットだけでも日本のデザイナーおよびビジネスに携わる方々に伝えたいとのことで開催されたのが、今回紹介する「DESIGN for Innovation 2016」である。開会宣言でブランドン氏はスター・ウォーズのジェダイの【Do, or do not. There is no “try.“】を引用し、これからフォースのごとくビジネスで成功する上で必要なのが「デザイン」であると主張した。

「ポストイットはおかわり自由!」

さて、『デザイン思考』がビジネス上で注目され始めたのはいつからだろうか?
IDEOのTIM BROWNが2008年発行のビジネス誌HARVARD BUSINESS REVIEWで記事を書いたのが発端であったと、ワークショップファシリテーターのbtraxマーク氏は述べる。


マーク: “イノベーション≠技術革新“日本ではイノベーションを技術革新という言葉で輸入しているケースが多いと思いますが、 これは現在においては間違った訳し方かもしれません。20世紀はモノを開発して売るまでのサイクルが長かったので“イノベーション=技術革新“で良かったのですが、 現在はプロダクト、開発、情報伝達、世の中のあらゆるもののスピードがとても早くなってきていて、スピードが追いつかなくなってきているのが現状だとか考えます。
そのような時代背景のもと、いままで技術起点だったものが社会価値起点にシフトし、機能的価値を求めることよりも意味的価値を求めるようになってきています。

1/3ページ

最終更新:6月2日(木)12時0分

SENSORS