ここから本文です

第4のディズニーホテルの狙いは? 総支配人に直撃! 「リブランドで価格抑制」「願いちりばめた」 【東京ディズニーセレブレーションホテル開業】

ちばとぴ!チャンネル 6月2日(木)19時55分配信

ちばとぴ!ディズニー部員が、6月1日にオープンした国内第4のディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を徹底取材!

【関連写真】リーズナブルでも、「ハッピー15エントリー」が使える! 開園15分前から入園できる宿泊者特典だ

今回は総支配人の平野宣光さんのインタビューをお届けします!

◆ホテル内のアートに込められた思いとは?

――このホテルに入った瞬間にまず感じた印象は、「カラフルだけど落ち着いていて温かい」でした。
ホテル内のロビーや客室には、ディズニーの仲間たちがアトラクションを楽しむ様子の描かれたアートが飾られています。これらのアートには幻想的な温かみのある夕暮れ時や夜の風景が描かれていますが、ここに滞在するゲストの人たちのために、どんな思いでアートを作ったのでしょうか。

【平野総支配人】
ありがとうございます。特に夜のイメージを意識したわけではないですが、“夢”や“ファンタジー”をテーマとしたパークと同様に、館内の装飾や客室のアートを制作しました。アートに関しては、人によって様々な感じ方があると思います。様々な人に様々に感じていただくことが、私たちの目指しているところです。
逆に、ロビーに入った瞬間に、パークと同じような高揚を感じることもあると思います。それぞれに、さまざまな見方で、夢のような体験を、ホテルでも体験していただきたいと思います。

◆中庭に「白雪姫の願いの井戸」を設置した理由は?

――東京ディズニーランドにある「白雪姫の願いの井戸」といえば、白雪姫が井戸に向かい、歌にのせながら「王子様に来て欲しい」と願うと歌声が王子様に届き、本当に白雪姫の元に現れ、願いが叶うというエピソードが有名です。
いわば、パワースポットになっている「白雪姫の願いの井戸」を、ホテルの中庭にも設置した理由を教えてください。

【平野総支配人】
東京ディズニーセレブレーションホテルは、9月10日にオープンする「ディスカバー」、今回オープンする「ウィッシュ」と二つの棟があり、「白雪姫の願いの井戸」は、この「ウィッシュ」というコンセプトにふさわしいモチーフということで、中央に配置しています。
東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのアトラクションや、ディズニーの映画には、様々な願いが出てきます。
そういった願いが、このホテルにはたくさんちりばめてあります。客室やロービーのアートであったり、「白雪姫の願いの井戸」も含めて、「願い」というテーマを感じていただければと思います。

1/2ページ

最終更新:6月2日(木)20時18分

ちばとぴ!チャンネル