ここから本文です

ムグルッサが快進撃のロジャーズを倒して初の4強 [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 6月2日(木)2時11分配信

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の女子シングルス準々決勝で、第4シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)がノーシードから勝ち上がってきたシェルビー・ロジャーズ(アメリカ)を7-5 6-3で下して初のベスト4進出を果たした。

ムグルッサ「本当に優勝したい」 [全仏オープン]

 ムグルッサは全仏オープンには3年連続の出場で、2014年と15年には8強入りを果たしている。昨年は準々決勝で、ルーシー・サファロバ(チェコ)に6-7(3) 3-6で敗れていた。グランドスラムでは昨年のウィンブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)での準優勝が最高成績となっている。

 ムグルッサは準決勝で、第21シードのサマンサ・ストーサー(オーストラリア)とツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)の勝者と対戦する。

 世界ランク108位(5月23日付)からグランドスラム自己最高のベスト8進出を果たした23歳のロジャーズ。1回戦で第17シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を3-6 6-4 6-3で、3回戦で第10シードのペトラ・クビトバ(チェコ)を6-0 6-7(3) 6-0で、4回戦では第25シードのイリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)を6-3 6-4で破るなどして勝ち上がっていた。ムグルッサとは今回が初対戦だった。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 01: Garbine Muguruzu of Spain hits a backhand during the Ladies Singles quarter final against Shelby Rogers of the United States on day eleven of the 2016 French Open at Roland Garros on June 1, 2016 in Paris, France. (Photo by Dennis Grombkowski/Getty Images)

最終更新:6月2日(木)2時11分

THE TENNIS DAILY

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。