ここから本文です

ソマリア首都でホテル襲撃、議員ら10人死亡 過激派が犯行声明

AFPBB News 6月2日(木)9時23分配信

(c)AFPBB News

【6月2日 AFP】ソマリアの首都モガディシオ(Mogadishu)中心部にある最高級ホテルが1日、襲撃を受け、自動車爆弾の爆発や銃撃で下院議員2人を含む少なくとも10人が死亡、約40人が負傷した。医療関係者や治安筋が明らかにした。国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系イスラム過激派組織アルシャバーブ(Shabab)が犯行声明を出した。

 アルシャバーブは声明で「攻撃は強力な爆発で始まり、ムジャヒディン(イスラム聖戦士)が建物を強襲した」と述べた。

 治安筋がAFPに語ったとことによると、市中心部の交通量の多い通りにある「アンバサダーホテル(Ambassador Hotel)で車載即応爆弾(VBIED)が爆発」した後、「施設内への攻撃」があったという。

 ソマリアの治安当局者アブディラサク・アフメド(Abdirasak Ahmed)氏は「民間人の死者1人」が出たと述べたが、目撃者らは複数の人が死亡したと語った。

 また同日、米国はアルシャバーブのアブドゥラヒ・ハジ・ダウド(Abdullahi Haji Da'ud)幹部が5月27日の空爆で「死亡したとみられる」と述べた。(c)AFPBB News

最終更新:6月2日(木)9時23分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。