ここから本文です

モウ・ユナイテッドの改革でギグスはチームを離れる…… 右腕を新たなナンバー2として招く

theWORLD(ザ・ワールド) 6月2日(木)16時0分配信

改革進む

今季までルイ・ファン・ハール前監督のもとマンチェスター・ユナイテッドでアシスタントコーチを務めていたライアン・ギグスがチームを離れることになるようだ。

かねてより、ジョゼ・モウリーニョが就任すれば、チームを離れるだろうと言われていたギグス。ファン・ハールのもとではナンバー2の立場だったが、モウリーニョはそれ以下の役割しか与えないと伝えられており、ギグスは新たな挑戦を求め、29年過ごしたチームをあとにする可能性が高い。

また、英『Mirror』によればモウリーニョは新たなナンバー2としてルイ・ファリア氏を招くようだ。同氏はポルトガル人のコーチでモウリーニョの右腕的存在である。過去にはポルト、チェルシー、インテル、レアル・マドリードにも連れて行っており、信頼は非常に厚い。そして今度はユナイテッドのアシスタントコーチを任せることになりそうだ。

着々と進むモウリーニョによるユナイテッド改革。果たして吉とでるのか凶と出るのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月2日(木)16時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。