ここから本文です

ハム大谷翔平、驚愕二塁打にも「ちょい詰まり」 栗山監督驚嘆「あれで…」

Full-Count 6月2日(木)9時19分配信

「入って欲しいと思っていた」

 日本ハムの大谷翔平投手が2日のヤクルト戦(札幌ドーム)で見せた驚愕の二塁打について、「ちょい詰まりですね」とサラリと振り返った。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 周囲を驚かせたのは2点リードの4回2死。右腕・松岡の真ん中付近のシュートを捉えた打球はライナーで中堅方向へ伸びていった。

 弾道は低く中直かと思われたが、思いのほか打球が伸びて中堅フェンスに直撃。あと数メートルで打球が高ければ本塁打という二塁打で、自身最長の13試合連続安打に更新した。球場は拍手と、どよめきが交錯する中、21歳は二塁ベース上では少し悔しそう表情を浮かべた。

「そこそこ感触は良かったです。ちょい詰まりです。タイミングが外れてビックリしたけど、球が甘かったので。スタンドに入るかもしれないと思っていた。入って欲しいと思っていたけど、もう一段足りなかった」

栗山監督も称賛「あれはすごかった」

 広い札幌ドームで詰まってでも打てる中堅フェンス直撃打。栗山監督は「あれはすごかった。『(中堅・比屋根の)頭を超えろ』と思っていたけど……あれぇ~って。あれでいっちゃうの、みたいな感じ」と珍しく称えていた。

 昨オフのレンジャーズ・ダルビッシュとの合同自主トレなどでパワーアップした打撃。この日は「マツダオールスターゲーム 2016」のファン投票でパ・リーグ先発投手部門で1位となっただけでなく、ノミネートされていない指名打者部門でも5位にランクインした。

「大した投球を見せられていないけど、期待して投票してもらっている。前半戦、後半戦と頑張りたいです。打者でも投票してもらうのは、うれしいです。選んでもらった所で頑張るだけです」

 もし、ファン投票で2部門で1位となれば、得票数の多い方で選出される。日本最速162キロを誇る剛腕と圧巻の打撃。野球ファンなら、どちらの姿も見たくなるに違いない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月2日(木)9時19分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報