ここから本文です

剛力彩芽、料理人に初挑戦!ドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』で主演を務める。

E-TALENTBANK 6月2日(木)17時21分配信

7月からスタートするテレビ朝日系ドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』で、剛力彩芽が主人公・一木くるみを演じることが発表された。

同ドラマは、『信長のシェフ』『大使閣下の料理人』といった、料理人を主人公にした数々の話題沸騰“グルメ漫画”を生み出してきた作者・西村ミツルが大崎充とタッグを組み、2006年から2010年まで4年に渡って『週刊コミックバンチ』に連載した『グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~』が初めて映像化されるもの。

これまで探偵、警察官、医師…とさまざまな役柄を演じてきた剛力が、今作でシェフ役に初挑戦となる。天才的な料理の腕がありながら、その若さと率直な性格ゆえに、周囲から敬遠され、居場所を見つけられずにいた孤高のシェフ・一木くるみ。料理のことだけを考え続ける、ひと言で言えば“料理バカ”な女性シェフを、剛力がその笑顔とともに魅力たっぷりに演じる。

主演の剛力のほかに、さまざまな個性派俳優たちが名を連ねるのも注目ポイント。剛力演じるくるみが仕える現内閣総理大臣・阿藤一郎を演じるのは小日向文世。そして彼女を“総理大臣の料理番”として官邸に呼び込む、総理の腹心・政務担当総理大臣秘書官の古賀征二役に滝藤賢一、くるみと敵対することになるもうひとりの官邸料理人、官邸食堂総料理長の清沢晴樹役に高橋一生、そして官邸料理人のひとりでくるみの面倒を見ることになる田村友和役には三宅弘城、と個性豊かで演技派な面々が決定した。

さらに、東陽テレビ政治部記者の立花優子役には新川優愛、阿藤総理のひとり娘で事実上のファーストレディ・阿藤理子役には内藤理沙、官邸事務所職員で古賀の部下である桜井あすか役には女優宣言発表後、初のドラマ出演となる松尾幸実、といった華やかな女性キャスト陣も決定している。

最終更新:6月2日(木)17時21分

E-TALENTBANK