ここから本文です

「新三大夜景」奈良若草山への夜景観賞バス、今夏も運行

乗りものニュース 6月2日(木)14時0分配信

奈良市街を一望できる若草山へ

 奈良市と同・観光協会、JR西日本、近鉄、奈良交通は2016年5月31日(火)、「なつの奈良旅キャンペーン2016」における取り組みのひとつとして、奈良市内で期間と曜日を限定して「奈良若草山夜景観賞バス」を運行すると発表しました。

 奈良市街の東側に位置する若草山からは市街を一望することが可能で、そこからの夜景は「新日本三大夜景」のひとつにも選ばれています。「奈良若草山夜景観賞バス」は2013年から毎年運行されており今年で4年目。2015年には1803人が利用したといいます。

 今年の運行日は7月15日(金)から9月25日(日)までの金、土、日曜および祝日。運賃は往復500円(子ども250円)です。

 行程は、JR奈良駅を19時30分に出発し、若草山の山頂でおよそ30分の夜景観賞を行い、JR奈良駅へ21時00分に帰着するというもの。なお、往復とも近鉄奈良駅を経由します。

「新日本三大夜景」は夜景の愛好家らによる非営利団体「夜景倶楽部」が認定。若草山のほかに、皿倉山(北九州市八幡東区)と笛吹川フルーツ公園(山梨市)からの夜景が2003年に選ばれました。

「なつの奈良旅キャンペーン2016」は7月1日(金)から9月30日(金)まで実施。キャンペーン中には、世界遺産に登録されている「元興寺」(奈良市)の本尊や絵巻の特別公開や、ナチュラルホルンの音で鹿を呼び寄せる「鹿寄せ」など、さまざまな企画が予定されています。

乗りものニュース編集部

最終更新:6月3日(金)11時18分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]